映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のあらすじや感想を紹介!宇宙を舞台にしたドタバタアクションコメディ

「マーベル・コミック」の実写映画化として2014年公開。

同じ世界観のヒーローが集まるクロスオーバー作品として扱う『MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)』シリーズの第10作品目の映画であり、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズ1作目。

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のあらすじ

1988年、地球で母親を亡くし悲しみくれる少年ピーター・クイルはヨンドゥ・ウドンタ率いる宇宙海賊ラヴェジャーズに拉致されてしまうが、過酷な環境の中で成長、自身も海賊としてお宝を探す日々を送っていた。

ある日「オーブ」と呼ばれる財宝を探る中、ロナンをリーダーとするテロリスト集団と遭遇、どさくさまぎれにオーブを持ったまたクイルはラヴェジャーズから逃走、クイルの横取りを知ったヨンドゥからの追手、ロナンから派遣されたガモーラに追われる事となる。

クイルは惑星ザンダーでオーブを売り払おうとした際にガモーラに襲撃され奪い合いになる中、通りすがりの賞金稼ぎ、改造アライグマのロケットと樹木型ヒューマノイドのグルートも参加し大騒ぎとなる。

結果4人ともノバ軍警察に逮捕され、刑務所に投獄されてしまう。治安の悪い刑務所では、ロナンに家族を殺されたドラックスがガモーラに襲い掛かるが、クイルはドラックスを諫めてガモーラの本心を聞く。

ガモーラは、オーブが惑星を破壊できる凶悪な武器と知ってロナンに渡すのではなく、別の買い手に託すつもりだと語った。それを知ったクイル、ロケット、グルート、ドラックスは協力して刑務所を脱出する事に。。。

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の感想レビュー

★★★★★★★★★★(10点/10点満点) これぞ娯楽映画!

ここまでシリーズを通して、地球を舞台に複数のヒーローや悪の組織が絡み合ってきたが、舞台を一変。宇宙でのドタバタアクションコメディ映画である本作の登場である。

MCUシリーズ未見でも、本作のみ見ても話しが分かるし、何より分かりやすい!音楽も1988年のクイル少年が持っていたカセットテープの中身=80年代ポップスのオンパレードに、30代以上の視聴者はそれだけでテンションが上がる事間違いなしなので筆者オススメの一作である。

口の悪いアライグマ、「僕はグルート」しか言えないおとぼけ者、強面だが家族想いで天然のドラックスとメンバーのキャラ立ちもはっきりしていて、超絶強い1人が居ない代わりに「チーム」で戦う、これまでとは一味も二味も違うヒーローである。

とにかく音楽!

冒頭から80‘sポップス全開で、映画館の音響システムで見るのが一番楽しめる作品だと思う。これら名曲を知ってるかいないかで、作品の印象もかなり違いそう。

脳に響く「細けぇ事はいいんだよ」

いきなり作風も舞台も変わるので、え?今までの展開は?アベンジャーズは?と思うし、なんでロケットはアライグマなのに喋れるの?グルートって何者?何で話が通じるの?なんでペアなの?と、結構不親切な情報がオンパレード。

しかし、テンポ良く進む物語と、シリアスとギャグのバランスが良すぎて次第に「細けぇ事はいいんだよ、面白ければ」と自然と納得させてくれる脚本力に脱帽。

吹き替え版がオススメ

シリーズの雰囲気を存分に味わうために字幕版を見るのが鉄板だが、本作はキャラの吹き替え声優陣が最高!クイルの三枚目だけど決める所は決める!といったキャラは山寺宏一さんしかいないハマり役。

「カウボーイビバップ」好きならそれだけでハマれる。ガモーラの朴璐美さんも、ヨンドゥの立木文彦さんもドはまりでした。

半面、グルートはあまり出番が無いからいいけど、ロケットは主要キャラなのでプロ声優さんが良かった。。。

U-NEXTにて配信中

まとめ

本シリーズだけ見ても十分面白いのに、アベンジャーズインフィニティウォーでは良くも悪くも、無茶苦茶重要なポジションとなるガーディアンズ・オブ・ギャラクシー。サラっとサノスが出てきたりフザけっぱなしの展開ながらMCUシリーズのラストスパートを支える重要な作品でもある。

本作も最高だけど、続編であるリミックスが本当に面白いので、コレだけでもぜひ見てほしい!!

監督: ジェームズ・ガン

キャスト
『ピーター・ジェイソン・クイル / スター・ロード』:クリス・プラット
『ガモーラ』:ゾーイ・サルダナ
『ドラックス』:デイヴ・バウティスタ
『ヨンドゥ・ウドンタ』:マイケル・ルーカー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です