映画「英国王のスピーチ」のあらすじや感想を紹介!英国王室の実話を基にした作品

エリザベス女王の父、ジョージ6世の苦労を描いた、実話を基にした作品。エリザベス妃と言語聴覚士ローグの支えを借りて、王家の重圧と劣等感を受け止めていく。

第2王位継承者にも関わらず、王家の事情で不本意ながら王位に就く。折しも、ヒットラーの影がヨーロッパに忍び寄る時代だった。

映画「英国王のスピーチ」のあらすじ

1925年のロンドン、大英帝国博覧会の閉会式。第2王位継承者のヨーク公は、父であるジョージ5世の命を受け、王の言葉を伝えるべく聴衆の前に立った。

ラジオ放送の開始を知らせるランプが点く。しばしの静寂の後に、ヨーク公は口を開くが、言葉が出てこない。途切れとぎれのスピーチに、観衆は戸惑い、エリザベス妃はうつむく。何より、ヨーク公自身が傷付いていた。

教会が選び抜いた言語聴覚士たちの治療が試されるが、一向に治る気配はなく、ヨーク公は苛立ちと落胆の日に暮れる。

エリザベス妃は、街の言語障害専門のライオネル・ローグの治療室を訪ねる。ローグは王家の名を聞いても、自分の治療の進め方を譲ろうとしなかった。

初めての診察にのぞんだヨーク公だが、やはり駄目だという確認をして帰途に就く。その手には、オーストラリア人の平民であるローグに騙されて、自分の朗読が記録されたレコードがあった。

ジョージ5世とのスピーチ練習の後、ローグを罵りながらレコードを聞いたヨーク公は、再びローグの治療室を訪ねる。

王室では、デイヴィッド王太子の王位継承への不安があった。王を支えるという役割に徹したいバーティだが、時の流れは容赦がなかった。

映画「英国王のスピーチ」の感想レビュー

★×7

ニュースなどを見ていても、英国王室は何とも不思議な世界に感じる。その一部が垣間見える作品だった。作品中、ジョージ5世が「昔の国王は…」と、時代が変わったことを話している。

それは、こういった作品が製作出来る事も含まれるかもしれないと思う。国民が知っていても、描くことはタブーであった可能性もある。

ヨーク公が、平民ローグの治療に踏み切る時や、治療に必要な距離感を取られることへの葛藤が伝わってくる。王族たるために、そして恐らく自分や家族のために自分の境遇に挑んでいく。重圧は、計り知れなかっただろう。とまるで目の前で見ているかのように感情移入してしまった!

治療中に、ローグの不注意が、バーティを本気で怒らせてしまう場面がある。ローグの言う「自分の価値」は、確かに大事な事なのだが、こと王位に関することは微妙な事項であり、バーティの中で大きなハードルになっていた。

後に、お互いに譲歩するが、ローグはバーティのために徐々に彼の心にうったえ続けていく。印象的な場面だ。

エリザベス妃の支え

バーティを献身的に支えていたのが、エリザベス妃だ。

夫とその立場を理解しているので、バーティが軌道に乗るまで、ローグとの距離感に気を使っている場面がある。この人が居なければ、公務から始まり国王になっても笑顔が保てなかったのではないかとさえ思う。

のちに、エドワード8世の退位時のメッセージで、この「王妃の存在」の重要性が語らている。

ジョージ6世(パーティ)の幼少期

思うようにスピーチが出来なくなった原因が、作品中で語られている。力が抜けたところで、ローグが投げかけた問いをキッカケに、パーティの口から流れ出てくる。

表立った、王族という理由だけではない。幼少期の閉じた世界で、いくつかの事情と出来事が彼の心を抑圧していた。

しかし彼は、真正面から自分の立場にぶつかっていった。それが少し報われたのは、ジョージ5世が崩御(ほうぎょ)した後のこと。父王は、「バーティが、一番根性がある」旨の言葉を残していた!

チャーチル氏は、魅力的な人物!?

ティモシー・スポール演じるウィンストン・チャーチルが、所どころ出てくる。エリザベス妃とジョージ6世と交わす言葉が、思いやりにあふれ、作品中では、ちょっとした隠し味のように感じられる。

チャーチルという人、後に首相となるのだが、その任命時にはジョージ6世に嫌われていたらしい。劇中では、そういった時期ではなく、好印象な人物として描かれている。

スピーチにかけては、突出した能力を持っていたようだ。鼓舞や威嚇もできれば、落ち着かせる話も出来たと言うところだろうか。

U-NEXTにて配信中

まとめ

この作品を観てから、少し歴史を調べる機会があった。調べるといっても、かじった程度だが。もっと時代背景が分かっていれば、さらに楽しめたのではないかと思った。

脚本のデヴィッド・サイドラーは、史実に忠実だと評価されたという。当時の大英帝国の事情は複雑で、反論が出た。論点となっている事柄について、映画に反映したら、かなり分かりにくいものになったに違いない。

監督:トム・フーパー

キャスト
ジョージ6世(バーティ)・・・コリン・ファース
ライオネル・ローグ・・・ジェフリー・ラッシュ
エリザベス妃・・・ヘレナ・ボナム=カーター
エドワース8世(デイヴィッド)・・・ガイ・ピアース
ジョージ5世・・・マイケル・ガンボン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です